【お役立ち】チャペルで挙げる結婚式!理想の衣裳レンタル解説

ブログ

2024年01月26日

結婚式とは、二人の新しいスタートを祝福する大切な瞬間。特に、チャペルで誓い合うセレモニーは、神聖な雰囲気と厳粛な美しさが魅力です。それを彩るのが衣裳の選択。ウェディング専門のプロ集団の私たちのこれまでの経験を踏まえた上で考える、理想のウェディングドレスやタキシードを見つけ、完璧な一日を迎えるための衣裳レンタルのすべてを「チャペルで挙げる結婚式!理想の衣裳レンタル解説」でご紹介します。

【目次】
1. チャペルウェディングの魅力とは

2. 理想的なチャペル選びのポイント
3. チャペルでのセレモニーの流れ
4. ウェディングドレス選びの基本
5. 最新トレンドを取り入れたウェディングドレス選び
6. チャペル結婚式にふさわしいドレスのスタイル
7. レンタル衣裳と購入衣裳のメリット・デメリット
8. タキシード選びで男性が輝くために
9. カラードレスで魅せる二次会ファッション
10. カラードレスの種類と選び方
11. カラーテーマに沿ったドレスのコーディネート
12. レンタルカラードレスの魅力
13. フィッティングは成功の鍵
14. フィッティングの重要性とは
15. 衣裳フィッティング時のポイント
16. ウェディングドレスのサイズ調整のポイント
17. レンタルウェディング衣裳の全知識
18. レンタルウェディング衣裳の流れと予約のコツ
19. レンタル衣裳で気をつけるべきこと
20. 予算に合わせたウェディング衣裳レンタルの選び方
21. 結婚式前日の準備チェックリスト
22. 衣裳の最終チェック項目
23. アクセサリーと小物の準備
24. チャペルに合わせた装飾とアレンジメント
25. 衣裳の最終チェック項目
26. アクセサリーと小物の準備
27. チャペルに合わせた装飾とアレンジメント
28. 結婚式前日の準備チェックリスト
29. 衣裳選びで後悔しないためのコツ
30. サービスの良いレンタルショップの選び方
31. 事前準備で滑り出しをスムーズに

まずはいきなり衣裳の事から伝えてもイメージしづらいかと思いますので簡単にチャペルウェディングについて説明させていただきます。

1. チャペルウェディングの魅力とは

チャペルでの結婚式は、多くの新郎新婦様にとって特別な魅力を持っています。美しいステンドグラス、荘厳なオルガンの音色、厳かな雰囲気が、結婚という人生の節目を感動的に演出するのです。さらに、チャペルウェディングはプライベート感が高く、親しい人たちだけを招いて心温まる式を挙げることが可能です。また、天候に左右されずに済む屋内施設であるため、安心して計画を立てることができるのも大きな利点。

2. 理想的なチャペル選びのポイント

チャペルを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。まず、立地やアクセスの良さはゲストの便宜を考える上で非常に重要な要素です。さらに、チャペルの容量は、招待するゲストの人数に合わせて選ぶ必要があります。小さな寄り集まりを希望する場合は、こじんまりとしたチャペルが適しているでしょう。逆に大人数での盛大な式を希望するならば、広いスペースを持つチャペルが必要です。チャペルの雰囲気は結婚式の印象に大きく影響しますので、クラシカル、モダン、ナチュラルなど、カップルの理想とするスタイルを反映した場所を選ぶことが大切です。その他にも、撮影や音響設備が充実しているかなど自分の拘りに特化させるのも考慮するポイントです。

3. チャペルでのセレモニーの流れ

チャペルでの結婚式の流れは、伝統的なものからオリジナリティあふれるものまで様々ですが、今回は一般的なセレモニーについて解説します。まずは入場から始まります。美しい音楽と共に新婦がエントランスをし、バージンロードを歩みます。その後、誓いの言葉を交わし、指輪を交換することで永遠の愛を誓い合います。セレモニーでは、家族や友人がスピーチをする機会も設けられ、感動がさらに深まります。そして最後には、ゲストへの感謝の言葉を述べて、セレモニーを締めくくるのです。心を込めたセレモニーは、参列者にとっても忘れられない時間となるでしょう。

ここまでが一般的なチャペルウェディングについてです。いかがでしたでしょうか?
そしていよいよウェディングドレスの選び方について解説していきたいと思います。

4. ウェディングドレス選びの基本

ウェディングドレスを選ぶ際には、自分の体型を把握することが基本となります。例えば、Aラインのドレスはどんな体型にも似合う万能型であり、プリンセスラインは華やかなシルエットでロマンティックな印象を与えます。メリハリを強調したい場合はマーメイドラインが適しています。また、ドレス選びではデザインだけでなく、素材感や色味も重要なポイントです。試着を重ねることで、最終的に自分に最も似合うドレスを見つけることができるでしょう。プランナーと相談しつつ、自分だけの最高の一着を探していきましょう。

Aライン
(万能型)
プリンセスライン
(ロマンティック)
マーメイドライン
(メリハリ強調)

5. 最新トレンドを取り入れたウェディングドレス選び

結婚式の主役である花嫁さんにとって、ウェディングドレス選びは大変重要です。ドレス選びで注目したいのは、最新のトレンドを取り入れたスタイルを探すこと。最近では、エレガントさ倍増のロングトレーンや、大胆なカットアウトが施されたドレスが人気を博しています。時にはクラシカルなデザインにモダンなエッセンスを加えたドレスも、個性を表現する花嫁にはおすすめです。流行に敏感な方は、海外のブライダルファッションウィークでショーケースされているドレスにも目を向けてみると良いでしょう。ドレス選びは、チャペルの雰囲気やテーマ、そして何よりも自分のスタイルを考慮して行うことが重要です。また、ドレスだけでなく、そのアクセサリー選びにもトレンドが反映されることがあるので注意して選びたいものです。

6.  チャペル結婚式にふさわしいドレスのスタイル

チャペルでの結婚式を控えた花嫁さんにとって、ドレス選びは神聖なセレモニーに相応しい装いを心がけたいものです。チャペル結婚式ならではの豪華でフォーマルなドレスが求められるでしょう。そこで、スレンダーラインやAラインなど、シルエットにもこだわりをもって選びたいですね。また、ロマンティックなレース使いや、優美なビーズ刺繍を施したドレスもチャペルにはぴったりです。ステンドグラスの光に映えるような素材選びも大切です。明るいチャペルなら、光沢のある素材がドレスを一層引き立てます。暖かみのあるライティングの中では、落ち着いた色あいのドレスがまた違った雰囲気を演出します。

7. レンタル衣裳と購入衣裳のメリット・デメリット

結婚式で着用する衣裳をレンタルするか購入するかは、多くのカップルが迷うポイントの一つです。レンタルのメリットとして、コストが抑えられること、式後の保管やメンテナンスの必要がないことが挙げられます。さらに、豊富な種類から最新のドレスを選べることも魅力です。一方で、購入のメリットは、自分専用のドレスをオーダーメードできることや、記念として保管できることです。デメリットに目を向けると、レンタルは自分にぴったり合わせるのに限界があることや、希望のドレスが予約で埋まってしまっている可能性があります。購入ではコストや後の保管場所を確保することが挑戦となるでしょう。

8. タキシード選びで男性が輝くために

ご結婚式では新婦だけでなく新郎もまた、最高に輝く日です。そのためには、タキシード選びを見過ごすわけにはいきません。スーツとは一線を画するタキシードは、トラディショナルなスタイルからモダンなデザインまで様々な選択肢があります。身長や体型に合わせたシルエットの選び方や、結婚式のテーマに合わせた色や素材を選ぶことが大切です。また、結婚式のフォーマリティに応じて、略礼装から正礼装までの中から選びましょう。オプションとしてベストやカマーバンド、蝶ネクタイなどのアクセサリーも選び、トータルで洗練された印象を与えることが男性が輝くための秘訣です。

9. カラードレスで魅せる二次会ファッション

結婚式の二次会では、新郎新婦の装いも大きな見どころの一つです。中でも、カラードレスは華やかな色合いとデザインで、会場の雰囲気を盛り上げる重要な役割を果たします。一生に一度の特別な日を彩るため、新郎新婦それぞれのスタイルに合わせたドレス選びが求められるのです。ここでは、結婚式の二次会で注目されるカラードレスの選び方と、さまざまなコーディネートのポイントを、豊富な事例を交えながらお伝えしていきます。

10. カラードレスの種類と選び方

カラードレスの魅力は、その多彩なバリエーションにあります。ロングドレスからショートドレスまで、さまざまな丈の中から選ぶことが可能ですし、色に関しても伝統的なホワイトから、赤や黒などダイナミックなカラーまで自由度が高くなっています。カラードレスを選ぶ際の最も重要なポイントは、新郎の衣装とのバランスと、二次会のテーマに合わせることです。たとえば、海外で流行しているような華やかなテーマであれば、ビビッドな色合いを活かしたドレスがマッチしますし、季節感を大切にしたい場合は、春はパステルカラー、秋冬は深みのある色でコーディネートすると良いでしょう。

11. カラーテーマに沿ったドレスのコーディネート

二次会のカラーテーマに合わせたドレスのコーディネートは、全体の統一感を出す上で非常に重要です。たとえば、「海の色」というテーマであれば、ブルーやグリーンを基調にしたドレスやアクセサリーを選ぶことで、ゲストをテーマの世界観に誘います。また、カラードレスを際立たせるためにも、新郎のタキシードとのカラーマッチングを考えたり、ブーケやヘアアクセサリーといった小物の選び方にも気を配りましょう。

12. レンタルカラードレスの魅力

カラードレスを購入するのではなく、レンタルを利用する場合の最大のメリットは、コストパフォーマンスに優れている点です。一度きりの使用であれば、購入するよりも経済的ですし、レンタルショップでは多様なデザインや色を取り揃えているため、選択肢が豊富です。また、レンタルならば、最新のトレンドを取り入れたドレスを着用することも夢ではありません。さらに、レンタルショップのスタッフに相談することで、専門家のアドバイスを受けつつ、自分に最適な一着を探し出すことができるのです。

13. フィッティングは成功の鍵

結婚式の一大イベントであるウェディングドレス選びにおいて、フィッティングは何よりも重要です。フィッティングは、ただ単にサイズを測るだけではなく、ドレスが花嫁さまの魅力を最大限に引き出し、また一日中快適に過ごせるかどうかを確かめる過程に他なりません。結婚式当日は長時間ドレスを身に纏うため、細部に至るまでのフィット感は快適さはもちろんのこと、美しいシルエットを保つためにも欠かせないのです。そこで、理想的なフィッティングを叶えるためのポイントをいくつかご紹介します。

14. フィッティングの重要性とは

フィッティングの大切さを理解することから、理想のウェディングドレス選びは始まります。そもそも、なぜフィッティングがこれほどまでに重要なのでしょうか。一つ目の理由は、体型にぴったり合ったドレスは動きやすさはもちろん、美しい姿勢を保つ助けにもなるからです。特に、チャペルでのソレムな挙式では、ドレスのフィット感が礼儀正しい立ち居振る舞いを印象づける要素になります。二つ目に、フィッティングを通じてドレスの細かな調整を行うことで、より自分らしいスタイルにカスタマイズできるという点があります。また、フィッティングは非日常的なウェディングドレスに慣れる絶好の機会でもあります。これらの理由から、フィッティングの場面では細心の注意を払い、専門のコーディネーターと十分なコミュニケーションを取りながら進めることが不可欠です。フィッティングの際は、実際の挙式で着る下着やシューズも持参し、トータルでのバランスをチェックすることが重要です。

15. 衣裳フィッティング時のポイント

衣裳のフィッティング時には、以下のポイントに留意しましょう。

① ウィスト部分とバスト部分のフィット感
これらはドレスの見た目を大きく左右するポイントであり、快適さにも大きく関わってきます。

② 締め付けが強すぎないか、また逆にゆるすぎないか
姿勢を変えたり、歩いたりしてもドレスがずれにくいことを確かめることが大切です。

③ トレーンの長さが自分の理想とするスタイルか
ウェディングドレスは様々なデザインがありますから、フィッティングの際にしっかりと確認することがおススメ。

最後に、全体の印象やドレスのバランスを見て、自分が描いていた理想と合っているかを見極めましょう。

16. ウェディングドレスのサイズ調整のポイント

ウェディングドレスのサイズ調整では、まず取り扱っているレンタルショップの技術力を確かめることが欠かせません。専門的な技術と知識があり、経験豊富なコーディネーターがいるかどうかが、仕立て上がりのドレスの品質を左右します。結婚式までの期間や、身体の変化を見越して余裕を持った調整を行うことも大切です。また、サイズ調整をする際は、体のラインをきれいに見せるためのバランスを意識し、ドレスの特徴を損なわないよう、細かなディテールにも注意を払いましょう。最終的な調整は挙式の数週間前に済ませると安心です。

17. レンタルウェディング衣裳の全知識

チャペルで挙げる結婚式といえば、それは誰もが夢見る華やかな時です。しかし、そこに至るまでの準備は多岐にわたり、特に衣裳選びは大きなウェイトを占めます。レンタルウェディング衣裳は、多彩なスタイルから選べることはもちろん、予算を抑えつつも理想のルックを叶えることができるため、多くの新郎新婦に選ばれています。本知識では、そんなレンタルウェディング衣裳の流れ、選び方、注意点などを包括的に解説していきます。結婚式の大成功に向けて、必要な情報を詳しくお伝えします。

18. レンタルウェディング衣裳の流れと予約のコツ

衣裳をレンタルする際の大まかな流れとしては、まずは希望するスタイルやデザインをリサーチすることから始まります。その後、レンタルショップを訪れて実際に試着し、予算内で最も気に入った衣裳を選んで予約をします。予約のコツとしては、結婚式の日程が決まったら早めに行うことが大切です。人気のデザインやシーズンによっては、早い段階で予約が埋まってしまうこともありますから、余裕をもってスケジュールを組みましょう。また予約時には、サイズの微調整や小物のコーディネートも考え、トータルでどのようにコーディネートするのかをショップのスタッフと相談することが重要です。

19. レンタル衣裳で気をつけるべきこと

レンタル衣裳を選ぶ際にはいくつかの点に注意が必要です。たとえば、衣裳の状態をしっかりとチェックすること。レンタルされる衣裳は多くの人が着用し、クリーニングされているものの、微細なダメージや汚れが残っている場合もあります。試着時には細部にまで目を配り、完璧な状態であることを確かめてください。さらに、返却条件や追加料金が発生するケースもあるため、契約時には利用規約をよく読み、理解しておくことも大切です。予期せぬ追加費用に後から驚かされることのないようにしましょう。

20. 予算に合わせたウェディング衣裳レンタルの選び方

結婚式の衣裳には多額の費用がかかりますが、レンタルを利用することでコストを抑えることが可能です。予算に合わせて衣裳を選ぶ際には、まず上限金額を明確にすることが重要です。その上で、どの部分に重点を置くのかを決めていきましょう。たとえば、デザインの豪華さを重視するか、それとも素材の質感や着心地を優先するかなど、自分たちの価値観に基づいた選択をすることが大切です。また、衣裳だけでなく、アクセサリーや小物のレンタル費用も含めてトータルで予算を考え、バランス良く分配することが賢い選択となります。

21. 結婚式前日の準備チェックリスト

結婚式の前日になると忙しさがピークに達し、忘れ物や手配漏れを防ぐためにも、しっかりとしたチェックリストが必要です。最も大切なのは、衣裳やアクセサリーなど自身が使用するものはもちろん、式場に持参する必要があるものもリストアップしておくことです。また、挙式に出席するゲストへの最終案内や確認、さらに式場にむけての精神的な準備も忘れてはいけません。細部にわたって手配を再確認し、当日に向けての完璧な準備をしておくことが、スムーズな結婚式のためには不可欠であるのです。

22. 衣裳の最終チェック項目

結婚式の前日は、レンタルしたウェディング衣裳の最終チェックを行う日となります。まず確認するべきは、ドレスやタキシードに汚れや破損がないか、またサイズに違和感がないかの確認です。特にレンタル衣裳は前使用者がいるため、念入りなチェックが求められます。次に、足元からヘアスタイルに至るまでのアクセサリーや小物はすべて準備されているか、披露宴や二次会で使用するカラードレスのチェックも忘れないようにしましょう。また、当日動きやすいよう、衣裳に合わせたインナーやストッキングも用意しておくことが大切です。これら全てをリスト化して確認作業を行い、万が一のための予備品も準備しておくことがポイントとなります。

23. アクセサリーと小物の準備

アクセサリーや小物類も結婚式の重要な要素です。ブーケやティアラ、イヤリング、ネックレスなどのアイテムは、事前に試着してコーディネートのバランスを確認しておく必要があります。更に、結婚式の雰囲気に合わせたクラッチバッグやシューズも忘れずに用意し、念のため小さなお直しセットも持参できるようにしておくと良いでしょう。式場での更衣に必要なナイトウェアや化粧品なども前日に準備することで、当日のバタバタを避けることができます。

24. チャペルに合わせた装飾とアレンジメント

式場であるチャペルに合わせた装飾やアレンジメントも大切なポイントです。あらかじめ式場スタッフと打ち合わせておくことが大切で、例えば特定のテーマカラーに合わせた装飾や、季節感を取り入れたフラワーアレンジメントなど、細部にわたって計画的に準備をしておきましょう。また、式場提供のデコレーションと自分たちで用意した装飾品がしっくりくるかの最終確認も忘れてはなりません。お互いにコミュニケーションを取りながら、最高に美しいチャペルをつくり上げるために、前日のチェックは欠かせないのです。

25. 衣裳の最終チェック項目

結婚式前日の準備で大切なのは、衣裳の最終チェックです。まず、ウェディングドレスやタキシードに汚れや破れがないかを確認しましょう。また、レンタルの場合、返却時に不備があると追加料金が発生することもあるので、納品時には特に注意が必要です。ドレスの長さや、タキシードのボタンの掛け間違えがないかも確かめましょう。加えて、予備のストッキングやカフスボタンなど小さなアイテムも忘れずに準備しておく必要があります。衣裳に関する小物一式が揃っているか、リストアップしておくと良いでしょう。

26. アクセサリーと小物の準備

結婚式の装いを完璧に仕上げるためには、アクセサリーと小物の役割も非常に重要です。ピアスやネックレスなどのジュエリー類はもちろん、ベールやグローブなどのアイテムも事前に準備し、スタイルとの調和を考えて選ぶことが大切です。特に、チャペルウェディングにおいては、厳かな雰囲気に合わせた上品なアクセサリーが求められます。ヘッドアクセサリーを使用する場合、髪型とのバランスも考慮する必要があるでしょう。小物を選ぶ際には、トータルのコーディネートを想定し、余計に派手にならないように配慮することも忘れてはいけません。

27. チャペルに合わせた装飾とアレンジメント

チャペルでの結婚式では、会場の雰囲気やテーマに合わせた装飾がとても大切になります。挙式のコンセプトに沿った花のアレンジメントやリボン、キャンドルなどを上手く使い、ロマンティックな空間を作り出しましょう。アーチや椅子のデコレーションにも気を配ります。統一感のある色使いや素材選びをして、洗練された美しい空間を演出してください。また、チャペル固有の規制や制限に注意しながら、オリジナリティ溢れる装飾を考えることが、忘れられない結婚式の鍵となるでしょう。

28. 結婚式前日の準備チェックリスト

結婚式の前日には、様々な準備が必要になります。放置してしまうと思わぬトラブルに見舞われることもあるため、チェックリストを作成しておくことが大切です。特に、衣裳の最終確認は極めて重要です。せっかくのチャペルウェディングだからこそ、ドレスやタキシードが完璧な状態であることを確認する必要があります。小物やアクセサリーも要チェック項目です。これらは見落としがちな部分ですが、当日になって慌てないためにも事前準備が欠かせません。また、チャペルの装飾やアレンジメントも計画通りに準備されているかを確認し、万全な状態で迎えられるようにしましょう。

29. 衣裳選びで後悔しないためのコツ

理想の結婚式を挙げる上で衣裳は大きなポイントです。後悔しないためには、まず自分の体型や結婚式のスタイル、チャペルの雰囲気を考慮して衣裳を選ぶことが大切です。実際に試着をして、体型の強みを活かし、また弱点をカバーできるデザインのものをセレクトしましょう。また、当日の気候も考慮して、季節に合わせたファブリックやデザインを選ぶことも大切です。さらに、写真映えするかどうかも重要なポイントです。式の後に残る写真で後悔しないためにも、撮影時の見え方にこだわってみてください。また、多くのゲストの目に触れるシーンが多いため、動きやすさも忘れてはなりません。

30. サービスの良いレンタルショップの選び方

結婚式の衣裳レンタルを検討する際には、サービスの良いレンタルショップを選ぶことが肝心です。まずは好みの衣裳を取り揃えているかを確認しましょう。また、試着時にスタッフの丁寧なアドバイスがあるかどうかも重要な判断基準です。フィッティングの技術が確かで、サイズ調整をしっかりと行ってくれるかどうかをチェックしましょう。加えて、契約後も柔軟に対応してくれるか、緊急時のサポートが充実しているかなどもポイントです。口コミやレンタルショップの評判も参考にしながら、信頼できるショップを選ぶことが後悔せずに済むコツとなります。

31. 事前準備で滑り出しをスムーズに

結婚式の前日の準備は、当日の成功を左右するといっても過言ではありません。事前準備を十分に行っておくことで、滑り出しをスムーズにすることができます。具体的には、衣裳の最終チェックや美容院でのヘアセットの予行演習、持ち物の再確認などがあります。これらの事前準備を怠ると、忘れ物をしてしまったり、希望通りのヘアスタイルやメイクができなかったりと、当日のスケジュールに影響が出ます。スタッフとの最終打ち合わせも忘れずに行うことで、式当日は安心して迎えることができます。琴線に触れる挙式にするためにも、前日までにしっかり準備をしておきましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。
いかがでしたでしょうか?
一般的な知識からウェディングを知る私たちだからこそお伝えできる情報をちりばめたつもりです。
これから衣裳選びをする新郎新婦様のお役に立てたら幸いです。